「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第26節 川崎VS.A東京「シューターを活かすスクリーンは定着できている」川崎・鎌田

川崎VS.A東京
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】1Qで優勢にたった川崎が2Qに3pシュートが炸裂し優位に試合を展開する

川崎VS.A東京

ⒸSPAIA


川崎は立ち上がりから#22ファジーカス、#00デービスのハッスルプレーなどで得点を重ねる。A東京も#3安藤の3pシュートで同点に追いつくが、ここから#13菊池、#24田中がディフェンスファウルを取られ、残り4:58の段階でチームファウルは4つを数える。ここから川崎はデービスとファジーカスがゴール下からシュートを決め、ファジーカスはタフショットも決める。A東京は終盤#15竹内のファストブレイクなどで追いすがるが、川崎も#0藤井が3pシュートを決めるなど、川崎が7点リードで1Qが終了する。

2Qに入り両チームとも互いにシュートを決めた後、川崎は3度のオフェンスリバウンドから#7篠山がシュートを決める。ここからお互いに3pシュートを決めていく展開に。オフィシャルタイムアウト明けから、川崎は藤井と篠山が3pシュートを連続で決め13点リードし、A東京は残り3:27タイムアウトを請求する。しかし川崎のペースは続く。#14辻の3pシュートが決まり、速攻から篠山がレイアップシュートを決め引き離すと、A東京は残り1:34再びタイムアウトを請求。終盤A東京は#24田中と竹内がシュートを決めるも川崎が14点リードで前半終了する。

【後半】A東京のファウルにも助けられ、川崎が逃げ切る

川崎VS.A東京

ⒸSPAIA


後半に入り、3Q中盤までは互角の戦いとなるが、残り5分から川崎は#18鎌田、#33長谷川が続けてファウルを重ね、この段階でチームファウルは4回となる。A東京は竹内のアシストから#53カークがダンクを決めて11点差まで詰めたところで、川崎はタイムアウトを請求。このタイミングで川崎は藤井と#17アマンドソンをコートに投入すると、藤井の3pシュートなどで15点リードとしたところで、A東京がタイムアウトを請求。A東京は菊池のレイアップシュート、#10バランスキーの3pシュートが決まり差を詰めるが、川崎は藤井が1対1で勝負をかけシュートを決めて13点リードで3Q終了する。

4Qでは、A東京・菊池のバスケットカウントとなる3点ショットなどで追い上げ、10点ビハインドで川崎に喰らいついていくが、早いペースでチームファウルが4回を数える。ファウルができなくなったA東京に対し、川崎は長谷川の3pシュートを皮切りにリードを14点としてオフィシャルタイムアウトを迎える。その後A東京は粘りを見せるも、残り3:43に#31ウイリアムズがディフェンスファウルをコールされ、テクニカルファウルも宣告されてしまう。川崎は、ここで得たフリースローをファジーカスが3本しっかり決めて引き離す。A東京は終盤にかけて粘りを見せるもファウルを重ねてしまい、川崎が逃げ切る形で勝利をもぎ取った。DAY2は川崎がA東京を89-73で下し、DAY1の雪辱を果たした。

おすすめの記事