「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE U15レポ】「河合海輝(みき)は、私の『秘蔵っ子』ですね」

河合海輝
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

FE名古屋は惜しくも優勝ならず

FE名古屋 河合海輝

ⒸSPAIA


FE名古屋U15は、昨年開催された「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2017」の優勝チームとして、今回の大会に挑んだ。しかし、2日目U15横浜に敗れて準優勝に終わる。敗れた相手、U15横浜とはわずか1点差という接戦。「コンマ何秒の戦いでした。成長を大いに感じました」とBリーグ強化育成部の塚本剛平さんが振り返る通り、激しい試合となった。

これでFE名古屋U15は3年生が卒業し、4月から新しいチームでスタートする。ここまでチームが成長できた背景には、ベテラン指揮官と「秘蔵っ子」の絆があった。どんな体制でチームを強化し、選手も成長の跡を残したのだろうか。それぞれの立場で振り返ってみたい。

指導歴26年目を迎えたベテラン指揮官の新たなる挑戦

青木幹典

ⒸSPAIA


FE名古屋U15の指揮を執るのは、青木幹典(もとふみ)HC。指導者歴は、1993年当時JBLに所属していたデンソーから始まり、今年で26年目を迎える。旧bjリーグの高松ファイブアローズ(現 香川ファイブアローズ)、東京アパッチ(現在活動休止)、信州ブレイブウォリアーズ、東京サンレーヴスでも指揮を執っていた。

高松ファイブアローズを指揮していた2006-2007シーズンは最優秀コーチ賞を受賞。常にアウトサイドからリングに向かっていくバスケットを追求し、コートサイドでは常に選手たちを鼓舞し続ける。2014-2015シーズンの東京サンレーヴスを最後に指導者生活から離れていたが、2017年にFE名古屋U15のヘッドコーチに就任した。

おすすめの記事