「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第24節 千葉VS.三遠「ギャビンには無理なお願いをしているとわかっている」

千葉VS.三遠
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】三遠に1Q途中まで僅差で追いかけるも、千葉は冨樫の3pシュートを皮切りにリードを奪う

千葉は#2富樫のシュートが決まり幸先よく先制すると、三遠も#8太田のインサイド、#2ドジャーの3pシュートなどで追いかけていく。
残り3:30両チームともに選手を交代させたところから千葉がリードを広げ、富樫が3pシュートを決めると、#34小野もポストプレーから得点を重ね、千葉が8点リードで1Qを終了する。

2Qに入って千葉は、立ち上がり#10チェンバースのスチールから、#21エドワーズがジャンプシュートを決めた。さらに#27石井が3pシュートを沈め、一気に13点リードとする。
三遠のタイムアウト請求後に、しばらくは両チームとも譲らない展開となるが、千葉はオフィシャルタイムアウト明けから、#1阿部の3pシュートなどでリードを広げる。三遠は終盤追い上げるが、千葉10点リードで前半が終了する。

千葉VS.三遠

ⒸSPAIA

【後半】千葉・ライオンズのファウルトラブルもエドワーズが上手くカバーして100点ゲームを達成

後半に入り、一時は三遠に6点差まで詰められた千葉だったが、富樫がバックコートから単独で持ち込んでレイアップシュート、バウンドパスをチェンバースに供給するなど活躍し、チェンバースはそれをしっかり決める。
その後、三遠の太田がフリースローとゴール下からのシュートを決め、追い上げ体勢をはかる。千葉も小野とパーカーでアリウープを決めるが、コールに続きライオンズもディフェンスファウルとテクニカルファウルを受け、個人ファウルを4回まで重ねてしまう。

終盤の千葉は、富樫がブザービーターとなる3pシュートを決め、一気に17点までリードを広げ3Qを終了する。

千葉は4Qに入っても3Q終盤の勢いそのままに、パーカーがダンクと自らのスチールからファストブレイクを決め、リードを21点まで広げる。
三遠もモリソンのダンクや#5川嶋の3pシュートで差を詰めるものの、モリソンにテクニカルファウルが宣告され、千葉にボールが渡ってしまう。攻撃権を獲得した千葉は、#1阿部が3pシュートを決めるなど差を詰めさせない。

残り3分36秒、千葉はライオンズが個人ファウルが5回目となり退場となったが、千葉のリードが大きかったということもあり、#44伊藤、エドワーズに変わって#25荒尾をコートに入れる。石井がチーム100点目となる3pシュートを決め、千葉が三遠に100-86で勝利した。

千葉VS.三遠

ⒸSPAIA

おすすめの記事