「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第23節 千葉VS.栃木「戦う相手を間違っていた。レフェリーと戦ってしまった」

千葉VS.栃木
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】1Qで栃木・田臥の得点でリードを許すも、千葉はチェンバースの得点などで逆転に成功

千葉VS.栃木

ⒸSPAIA


立ち上がり栃木#0田臥にファストブレイクなど6得点を許した千葉は、#21エドワーズ、#10チェンバースが得点に絡みすぐに勝ち越しに成功する。栃木はタイムアウトを請求し、#31喜多川が2本の3pシュートを決め追い上げていくが、スチールなどで守備からペースをつかんだ千葉が、#3パーカーのダンクシュートなどで得点を重ね、千葉8点リードで1Q終了する。

2Qに入ってオフィシャルタイムアウト明けで10点リードする千葉は、#2富樫から#8ライオンズへアリウープが決まるなどリードを広げようとするが、栃木も喜多川、#46生原の3pシュートなどで得点を重ね、結局千葉10点リードで前半が終了する。

【後半】DAY1の敗戦を教訓に引き離した千葉に対し、栃木はファウルで自滅する

千葉VS.栃木

ⒸSPAIA


後半に入り「10点リードでは足りないので引き離すつもりでコートに入った」と試合後に話した千葉・パーカーが、速攻からの攻撃など3回連続で得点を決める。たまらず栃木は残り7:38タイムアウトを請求するが、千葉の勢いは止まらない。富樫とパーカーのコンビでアリウープを成功させる一方で、栃木もパーソナルファウルを重ねてしまう。#10竹内が連続でディフェンスファウルをコールされると田臥もファウルをしてしまい、栃木は残り5:22でチームファウルを4回となってしまった。

そして、ベンチも段々冷静さを失っていく。千葉・エドワーズにシュートを決められた後、栃木・安齋HCはレフェリーに抗議をして、テクニカルファウルを宣告される。テクニカルファウルで獲得したフリースローを千葉・富樫が1本決めた後、今度は栃木ベンチにもテクニカルファウルがコールされた。

ここを皮切りに千葉はチェンバースのダンクなどで主導権を握ると、栃木は#9遠藤がアンスポーツマンライクファウルをコールされ、千葉に勢いが増す。このファウルで獲得したフリースローをチェンバースがしっかり2本そろえ、パーカーもバスケットカウントとなる3点ショットを決めリードを広げた。

その後、千葉・大野HCが栃木#4ギブスと同時にテクニカルファウルを宣告される場面もあったが、速攻からパーカー、ポストプレーから#34小野が得点し、千葉が26点リードで3Qを終了する。

4Qに入って栃木は#18鵤、遠藤の3pシュートなどでオフィシャルタイムアウトまでに20点ビハインドまで戻す。その後18点差まで詰めてきた栃木だったが、3Qまでのビハインドが大きすぎた。結局千葉が85-66で栃木を下し、DAY1の雪辱を果たした。

おすすめの記事