「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B.LEAGUEを盛り上げる注目の若手選手たち

2017 12/6 16:05mono
バスケットプレーヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカから『逆輸入』の田渡凌選手(横浜ビー・コルセアーズ)

東洋大学京北高校(東京都)出身の田渡凌選手(横浜ビー・コルセアーズ)は、同校卒業後、日本の大学へは進学せず海を渡った。
アメリカでオーロンカレッジ、ドミニカン大学カリフォルニア校へと進んでいる。NCAA(全米大学体育協会)2部に属するドミニカン大学カリフォルニア高では、同じ日本人の内田雅楽選手とチームメートでもあった。

同校で主将を務めるなどアメリカでも結果を残し、2017—2018年シーズンから日本でプレーすることになった『逆輸入』の選手でもある。
兄である田渡敏信選手(埼玉ブロンコス※B3所属)、田渡修人選手(三遠ネオフェニックス)もバスケットボールプレーヤーだ。兄弟3人がB1のプレーオフで激突する日は訪れるだろうか。

富樫選手、2016—2017年シーズン新人王を獲得したベンドラメ礼生選手と同世代。U-24日本代表でもチームメートとなる彼らと切磋琢磨し時代を切り開きたい。

スリーポイントで魅せる!安藤周人選手(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

2016—2017年シーズン途中に、名古屋ダイヤモンドドルフィンズへと入団した安藤周人選手。大学時代には日本代表にも選ばれており、期待の若手だ。3ポイントシュートを得意としているが、2016—2017年シーズンは成功率23.9%(67本中16本)と今ひとつ。
2017—2018年シーズンは、11月末時点で31.4%(70本中22本成功)と若干ではあるが改善している。2016—2017年シーズンでは、ベストスリーポイント成功率を誇った金丸晃輔選手(シーホース三河)の42.6%(235本中100本成功)に追いつきたい。

日本バスケットボール界は長らく、田臥勇太選手(栃木ブレックス)の知名度しかなかったのが現実だ。
しかし、Bリーグでこれらの若い選手が活躍することで状況は変わってくるだろう。同時に、現在戦っているFIBAバスケットボールワールドカップ2019の予選を勝ち抜き、本大会へ出場することがBリーグの発展につながるはずだ。
馬場選手、富樫選手ら日本代表に選ばれているメンバーの飛躍に期待したい。

おすすめの記事