「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B.LEAGUEで活躍する元NBA選手たち

2017 12/6 15:56mono
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハシーム・サビート・マンカ選手(横浜ビー・コルセアーズ)

2017 -2018年シーズンに、横浜ビー・コルセアーズに加入したハシーム・サビート・マンカ選手。タンザニア出身と珍しい経歴ながら、2009年NBAドラフト1巡目(全体2位)でメンフィス・グリズリーズに指名された。

2009-2010年シーズンは、68試合に出場し208得点をマーク。ドラフト全体2位という超有望株であったハシーム選手であるが、この成績がキャリアハイとなってしまう。
下部組織であるNBADLに送られることもあるなど、結果を残すことができなかったのだ。

ヒューストン・ロケッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、オクラホマシティ−・サンダーとチームを転々とする。2012年シーズンに加入したオクラホマシティー・サンダーでは2シーズンプレーし、プレーオフにも出場した。
サンダーを退団後は、NBADLを経て来日。2017-2018年シーズンにおけるBリーグの最高身長選手(221センチ)として加入。相手チームの脅威となり、3試合連続ダブルダブルをマークするなど機能しているといえるだろう。

その他の元NBA選手たち

田臥選手、ファジーカス選手、サビート選手意外にも元NBAプレーヤーはいる。ロバート・サクレ選手(サンロッカーズ渋谷)、ヒルトン・アームストロング選手(琉球ゴールデンキングス)、セドリック・ボーズマン選手(栃木ブレックス)、ジャワッド・ウィリアムズ選手(アルバルク東京)らがそうだ。

リーグができたばかりということもあり、最盛期のNBAプレーヤーが日本に来ることはまだ現実的ではない。プロ野球やJリーグに海外からの大物選手が来るように、Bリーグにもそういった日が訪れる日が来ることを期待したい。
そのためには、リーグのレベルアップが必要不可欠だ。2年目のシーズンを迎えたBリーグが更なる進化を遂げることができるのか注目が集まる。

おすすめの記事