「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ2017-2018】前年度王者がまさかの苦戦⁉栃木ブレックス

2017 11/27 10:49Mimu
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦力ダウンが響く2017-18シーズン

2017-2018シーズンのチームには、昨年活躍した選手が軒並み不在だ。チャンピオンシップMVPの古川は琉球ゴールデンキングスへと移籍。さらにギプスは靭帯の断裂でリハビリ中。
2016-2017シーズンに日本一を決めた試合で大活躍だった2人が、揃ってチームから離れることとなってしまった。
さらに、成長を見せていたホープである須田侑太郎は琉球、熊谷尚也も大阪エヴェッサへと移籍。シックスマンとして抜群の存在感を放った渡邊裕規は引退となり、チームの戦力は確実に低下してしまった。

また、リンク栃木ブレックス時代からチームを指導したトーマス・ウィスマンヘッドコーチが任期満了で退任したのも大きい。3年間チームに携わり、最後の年はチームをBリーグ初代王者にまで導くという有終の美を飾ることができたが、チームにとっては大きな痛手だ。
彼が退任することで、チームカラーもガラリと変わることになるだろう。

新ヘッドコーチと新たなバスケの創造へ

今シーズンは、新たに就任した長谷川健志ヘッドコーチとともに、新たなチーム作りからのスタートとなった。ほとんど0からのスタートと言っても良いだろう。
しかし、この長谷川コーチには大きく注目していきたい。2014年~2016年まで男子日本代表のヘッドコーチを務めた人物で、2014年のアジア大会ではチームを20年ぶりの銅メダルに、翌年のアジア選手権では18年ぶりのベスト4に導くなど、輝かしい実績を誇っている。

また、それ以前から青山学院大学を全国屈指の強豪に育て上げるなど、その手腕には疑う余地がない。ウィスマンコーチの後任としては、十分すぎるくらいだ。
チームの中心である田臥勇太とも、日本代表の監督時代に指導経験がある。彼がチームをどのような色に染め上げるか、そこに注目が集まる。

おすすめの記事