「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

双子のバスケ選手?竹内兄弟が残した功績とは

2017 1/10 23:42
バスケ ツインズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

"竹内兄弟"の弟・竹内譲次選手について

竹内譲次選手のポジションもフォワードだ。兄と同じくその高い身長を武器に、攻守ともに活躍を見せている。なお、基本プロフィールが同じ竹内兄弟だが、譲次選手の方が1cmほど身長は高いようだ。
中学生時代にバスケットボールを始めた譲次選手。兄と同じくスカウトされた京都の高校に通い、ツインタワーとして活躍する。しかし、大学からは兄と別れ、それぞれの道を歩むことに。
大学時代には学生として21年ぶりとなるオールジャパンベスト5に選出されるなど、プロ入り前からその才能を発揮していた。

プロ入り後の竹内兄弟の活躍とは

兄の公輔選手は大学卒業後、2007年にプロチームであるアイシンシーホースへ入団。その年のレギュラーシーズンでは弟の譲次選手とともに新人王に選ばれるという輝かしい実績を残す。翌年のレギュラーシーズンではMVPを獲得するなど、着々とその名を轟かせていった。
一方、弟の譲次選手はプロチームの日立サンロッカーズへ入団する。初年度の成績は兄と同時受賞となった新人王の獲得のほか、こちらも兄と共にアジア選手権の日本代表メンバーにも選出された。

「バスケの人気を上げたい」兄・公輔選手の願い

公輔選手には大きな夢があるのだそう。それは、『バスケットボールの人気を上げる』こと。現在バスケットボールの競技人口はサッカーの次くらいに多いと言われている。
しかし、日本での試合の観戦人数は1,000人しか入らない日も多い。4~5万の観戦者が集まることもある野球やサッカーと比べると、その人数の少なさは否めない。

「僕たちももっと慈善活動や、地域貢献の活動を積極的にしていきたいと思っています」

出典: スクスクのっぽくん

中学時代一度はバスケットボールを辞めるも、再び競技の世界に戻ってきた公輔選手。その一言は、心からバスケットボールを愛している証なのだろう。

まとめ

「竹内世代」と呼ばれ、その象徴として日本男子バスケットボール界を牽引してきた竹内兄弟。最大の味方として、時には最大のライバルとして。これからも互いに切磋琢磨しながら高みを目指し、進んでいくことだろう。

おすすめの記事