「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「日本一丸」でバスケワールドカップ進出! 日本を救った太田敦也のプレー

太田敦也,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

WINDOW6、アウェイの地でイラン・カタールを撃破

日本代表はWINDOW6でも連勝を飾り、グループ2位で本戦出場を果たした。アウェイの地で連勝することができたのは非常に大きなことで、何かとアウェイに弱かっただけに大きな自信になっただろう。

本戦出場を果たした要因はたくさんある。

4連敗で迎えたWINDOW3。ここから、ファジーカス・ニックと八村塁が合流しグループ最大の強敵オーストラリアを破った。さらにWINDOW4では渡邊雄太が代表に加わり、強豪のイランをも下した。WINDOW5は、渡邊・八村が不在だったが、カザフスタンとカタールから勝利した。

そして、WINDOW6は2戦とも中東(イラン・カタール)で行われた。オーストラリアにしても、イランにしてもいずれもホームの日本で勝利した。だからこそ、アウェイでもしっかり勝利できるかが大事だった。

WINDOW6でもも渡邊・八村は不在だった。ガード陣は富樫勇樹や比江島慎を中心にシュート力や走力を兼ね備えた選手たちが揃った。インサイドに目を向けると、ファジーカスがケガも癒えて万全な状態で試合を迎えられそうではあったものの、問題は「ファジーカスがいない時間帯」をどう乗り切るかであった。

イラン戦は出だしからファジーカス、比江島のシュートタッチが良くてハイスコアゲームとなったが、一方でイランにオフェンスリバウンドを取られて攻撃回数を増やされる状況でもあった。そんな中、このピンチを救ったのが、ベテランのセンタープレイヤーの太田敦也だった。

おすすめの記事