「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ女子日本代表、チャイニーズ・タイペイに圧勝、代表初出場組がアピールに成功【バスケ女子日本代表親善試合】

アカツキジャパン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【振り返り前半】本橋とオコエが試合の流れを呼ぶ、チャイニーズ・タイペイに前半だけで36点リード

試合開始直後、チャイニーズ・タイペイ#27リン・ユーティンが個人ファウルを連続で受けてしまい、早々にベンチに下がる。日本は主将#8高田真希(デンソーアイリス)のシュートなどで得点を重ねると、自らのスチールからファストブレイクを決めて10点リードしたところで、チャイニーズ・タイペイは残り6:12タイムアウトを請求する。タイムアウト後、チャイニーズ・タイペイは流れを取り戻そうと点差を詰めてきたが長くは続かなかった。残り4:24日本は#99オコエ桃仁花(デンソーアイリス)がコートに入り代表デビューを果たす。終盤はオコエの3pシュートなどでリードは広がり、日本が17点リードで1Qを終了する。

2Q に入ると、1Qの途中より縦の動きからキレのあるレイアップを魅せていた#15本橋菜子(東京羽田ヴィッキーズ)が3pシュートを沈めて幸先よくスタートすると、オコエもこの日2本目の3pシュートを入れてチームに流れを呼び込む。チャイニーズ・タイペイもシュートは放つものの、日本の守備によって崩された格好のシュートモーションが続き、入れることができず、残り6:03にフリースローを沈めるまで得点はできなかった。終盤に向けて得点ができないチャイニーズ・タイペイに対し、日本は途中出場の#17三好南穂、#0長岡萌映子(共にトヨタ自動車アンテロ―ブス)の得点などでさらにリードを広げていく。終盤に入っても得点を重ねた日本は、長岡がブザービーターとなる3pシュートを入れて36点リードとし前半が終了した。

アカツキジャパン

【振り返り後半】動きに精彩を欠くも、前半の貯金を生かしてチャイニーズ・タイペイに勝利

前半同様、守備からペースをつかんだ日本だが、中盤にチャイニーズ・タイペイ、リン・ユーティンにスチールを許すなど、攻撃に前半の勢いが見られなくなった。しばらく膠着状態が続いたが、チャイニーズ・タイペイはリン・ユーティンのファストブレイクなどで巻き返しを図る。しかし、日本は三好の3pシュートが最後に決まり、35点リードで最終Qへ向かう。

4Qは立ち上がりから両チームとも得点を重ねた。チャイニーズ・タイペイのリン・ユーティンにファストブレイクを決められたが、日本は#30馬瓜エブリン(トヨタ自動車アンテロ―ブス)が得点をあげるなど、リードをキープし試合終了を迎えた。日本代表はチャイニーズ・タイペイに96-66で勝利した。

アカツキジャパン

おすすめの記事