「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【正智深谷を軸に展開!】埼玉県のバスケ強豪校5選

2016 7/31 09:20
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

文武両道のバスケ強豪校「県立川口北」

埼玉県下では有数の進学校として知られる県立川口北(川口市)は、1974開校と比較的歴史が浅い高校で、近年ではバスケ部の活躍がめざましいものである。特に2012、15年のインターハイ県予選では、県内ナンバーワンの正智深谷を撃破して優勝を飾るなど、一躍実力校の仲間入りを果たした。県内のバスケ強豪校は私立校が強い傾向が見られますが、中でも文武両道を掲げながら好成績を残す川口北の活躍は光るものがある。

2011年に県内タイトル3冠「西武文理」

埼玉県の男子バスケにおける4番手に位置付けられているのは、西武文理(狭山市)でしょう。近年の成績では2011年に関東新人大会県予選、インターハイ県予選、ウインターカップ県予選と主要3タイトルを全て制覇している実力校である。こちらも進学率が非常に高い進学校として知られ、長期休みを利用しては全国一の呼び声の高い名門・能代工業や韓国のチームなどの強豪校と合同で合宿を組んで実力を高めている。2015年も3大タイトルは全て4位以内につけており、虎視眈々と全国の舞台を狙い続けている。

おすすめの記事