「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばんべぇ】群馬県のバスケ強豪校5選を紹介

2016 7/31 09:20
バスケ 前橋育英
このエントリーをはてなブックマークに追加

県大会19度の優勝を誇る群馬県のバスケ古豪「樹徳」

前橋育英、桐生第一、市立太田といった群馬県内のバスケ強豪校に迫る実力を持つのが、樹徳(桐生市)だ。浄土宗の仏教系私立学校であり、バスケの古豪として知られている。県大会では通算19度の優勝を誇り、2001年に出場したウインターカップでは、プロバスケット選手の岡田慎吾選手が活躍し、全国舞台で3回戦まで駒を進めた。2015年の戦績ではインターハイ、ウインターカップともに県予選ベスト4となり、安定した成績を残している。

まとめ

群馬県のバスケ強豪校は、前橋育英と桐生第一が頭一つ抜ける形で王座争いを続ける中で、市立太田や太田、古豪の樹徳が上位進出の機会を狙っている。2015年に市立太田がインターハイ県予選優勝を果たすなど、第三勢力の成長に今後も目が離せない。

おすすめの記事