「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球の隠れた裏方!横浜DeNAベイスターズのスポンサーまとめ

2016 9/16 20:29
DeNA  スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

バッターボックスに立つ選手に注目!ヘルメットのスポンサー【パロマ】

2016年現在、横浜DeNAベイスターズのヘルメットのスポンサーをつとめているのが「パロマ」だ。愛知県名古屋市に本社を置く金属製品メーカーで、ガスコンロ・湯沸かし器を主に製造している。
一時は地元名古屋のドラゴンズのスポンサーをしていたが、現在はベイスターズのヘルメットスポンサーとしてベイスターズを応援している。以前は横浜スタジアムのバックネットにも広告を出していたので、「パロマ」はベイスターズのファンにとって馴染みがある企業だろう

地元横浜の応援団!ユニフォーム袖のスポンサー【ノジマ】

バッターボックスや守備位置で構える選手の袖にも、必ずスポンサー企業が名前を出している。もしかするとテレビ画面では一番目に入る場所かもしれない。2016年現在、横浜DeNAベイスターズの袖部分のスポンサーは、地元横浜の家電量販店である「ノジマ」だ。2008年から2011年までユニフォームの左胸にスポンサー名を載せていたほど、地元企業であり、地元の大事な応援団だったノジマ。袖部分にスポンサーを変更してからもその熱意は不変である。
2016年7月からは、「ベイスターズ家電」と称し、横浜DeNAベイスターズと共同で開発した充電式省エネUSB扇風機を発売することが発表された。

小さくても存在感十分!ズボンのスポンサー【リスト】

ベイスターズの選手がはいているズボンに注目すると、ベルト近くに小さめの文字で企業名がプリントされている。ズボンなので上半身ほど目立つことはないが、打球を待ち受ける野手、盗塁を試みようと構える選手がテレビ画面に映るとき、その企業名はしっかりと見て取れ、アピールされる。
2016年現在、ベイスターズのズボン部分をスポンサーしているのが「リスト」という地元横浜の不動産会社だ。1991年創業という新しい企業である。地元の企業が下支えをしてくれていることは、地元ファンにとっても身近に感じられ、心強い。

まとめ

スポンサーはプロ野球が安定して活動を継続するのに絶対不可欠な存在だ。
選手の活躍を応援するとともに、ひいきの球団を裏から支えるスポンサー企業にも着目し、その企業を含めその地域や企業を盛り立てていくのもファンの醍醐味である。

おすすめの記事