「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鳥谷は退団、永川、畠山らが引退 来季の動向が気になるベテラン選手たち

2019 9/9 17:00勝田聡
阪神タイガースの鳥谷敬ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

福浦和也、田中賢介はシーズン前に引退を発表

9月に入り俄然、熱を帯びてきたプロ野球のペナントレース。両リーグともに昨シーズンのような独走状態のチームはなく、順位争いはまだまだ続きそう。同時に来シーズンへ向け、選手の動向も気になる頃だ。

先日、鳥谷敬が今シーズン限りで阪神のユニフォームを脱ぐことが報道された。現段階で現役を引退するのか、それとも移籍の道を探るのかはわからない。すでに名球会入りを果たしているベテラン選手だけに、その去就には大きな注目が集まっている。

ベテラン選手の引き際は様々だ。ロッテの福浦和也や日本ハムの田中賢介は、シーズン開始前に今季限りの引退を発表。最後のシーズンを笑顔で戦っている。元・巨人の上原浩治はシーズン序盤に引退を発表し、チームを去った。

また、9月に入り永川勝浩と赤松真人(ともに広島)、そして畠山和洋、館山昌平(ともにヤクルト)とチームを支えた功労者たちが続々と引退を発表した。いずれも9月7日まで一軍での出場がなかった、あるいは殆どなかった選手たちで、引き際を自ら決めた形だ。

その他にもこれまでチームに大きく貢献しながらも、来シーズン以降の去就が気になるベテラン選手は多い。

おすすめの記事