「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

村上宗隆、吉田正尚、吉川光夫…起用法の変化が好結果に結びついた?

2019 4/15 11:00勝田聡
吉田正尚,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

吉田正尚は3番に変更後、3試合連続安打

4月9日の広島対ヤクルトの試合で、今シーズン初めてスタメン起用された太田賢吾が3安打1打点と結果を残した。リードオフマンとして実績もあり、今シーズンも期待されていた坂口智隆が骨折で離脱しているなか、その穴を埋める働きを見せた。

太田が三塁へ入ることで一塁にまわることになった村上宗隆は、プロ入り初の猛打賞。右翼スタンドへ豪快な本塁打も放っている。まるで、太田のスタメン起用によって村上の好結果が引き寄せられたようにも見えるが、このように誰かの起用変更が他選手に影響を及ぼすことは、それほど珍しくない。

今シーズンは不振にあえいでいる吉田正尚(オリックス)も、変化で打撃が上向いてきた。開幕から4番起用され続けていたが、7試合が終わった時点で打率.080、本塁打、長打、打点も「0」と、開幕から6試合連続で勝ち星なしのチーム状況を象徴するかのような有様だった。

そこで西村徳文監督は、開幕8試合目となった4月6日の楽天戦から吉田正を3番に繰り上げた。これが功を奏したのか、試合では初の長打となる三塁打を含む2安打マルチ。翌日の試合では初打点もマークし、その後5試合連続安打とようやくエンジンがかかってきた。

村上は守備位置の変更、吉田正は打順の変更によって、それぞれに上昇の兆しが見えた。

おすすめの記事