「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武はどうなる?過去に「エース」と「主砲」が同時流出したチームの成績は

2019 3/14 07:00青木スラッガー
成績表,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

「エース」と「主砲」の同時流出。過去の例は……

連覇を狙う西武にとって、最大の課題はやはり菊池雄星と浅村栄斗の穴だろう。生え抜きとして投打でチームを支えてきた2人。戦力的にも、精神的支柱としても、あまりにも大きな存在を同時に失った。

昨季のチャンピオンチームといえど、一転して苦戦を強いられるかもしれないところだが……過去に同じような状況に直面したチームはどのようなシーズン結果になっただろうか。

「エース」と「主砲」の同時流出。これに当てはまるケースは、最近10年ほどでは3チームが見つかった。

今季の西武と似たケースになるのが2008年の広島だ。黒田博樹がメジャー挑戦し、主砲・新井貴浩が同リーグの阪神へFA移籍。その2008年オフのセ・リーグは中日が川上憲伸とウッズを流出させている。最後に2014年の楽天。前年は球団創設以来初の日本一。24勝0敗という空前の記録をつくった田中将大、5番打者として大活躍したマギーがともにメジャー移籍となった。

おすすめの記事