「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグチーム分析 -DeNA、巨人編-

野球ボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

DeNA

2016~18年セ・リーグ:1試合あたりの救援投手起用人数

就任4年目のラミレス監督が率いるDeNA。その投手起用を振り返ると、2017年からリリーフを数多く投入する傾向があり、1試合あたりで起用する救援投手の人数は過去2年でともにリーグ最多だった。今季から一軍の選手登録枠が1人分増えるため、より幅を持たせた投手運用が可能となる。

今季もリリーフ陣を細かくつないで試合をものにしていきながら、昨季苦しんだ石田や今永といった先発陣の復調に期待したいところだ。

2018年セ・リーグ:外国人野手の本塁打・長打率

一方、打撃陣に目を向けるとソト、ロペスの両外国人選手がチームに残留しており、不安要素は少ない。ソトは107試合の出場で41本塁打を放ち、来日1年目でタイトルを獲得。ロペスも故障による戦線離脱がありながら、26本塁打をマークした。

両選手に筒香と宮崎を加えた中軸の得点力は、今季もリーグトップクラスだろう。昨季は100試合強の出場でも抜群の破壊力を示した助っ人コンビ、その活躍がシーズンを通して続けば21年ぶりのリーグ制覇も見えてくる。

おすすめの記事