「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松井裕樹、梶谷隆幸らは失ったポジションの「奪回」なるか

2019 2/11 07:00勝田聡
松井裕樹,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

守護神奪回を目指す松井裕樹と田島慎二

春季キャンプも第3クールへと突入する球団が出始めてきた。多くの球団が、紅白戦や実戦形式の打撃練習が本格化してくる時期でもある。監督を始めとした首脳陣はここから戦力の見極めを行っていく。この時期はベテランや確固たる主力選手たちをのぞき、本番さながらのプレーでアピールする。なかでも昨シーズン結果を残すことができなかった選手たちは、その思いも人一倍強いはずだ。

松井裕樹(楽天)は、守護神復帰への大事なシーズンとなる。2015年から守護神に定着し、3年連続で30セーブ以上を記録した絶対的守護神だったが、昨シーズンは打ち込まれるケースが多く中継ぎに配置転換されてしまった。シーズン終盤には適正を見るためとはいえ、先発での登板もあり、年間を通じて好結果を残すことができなかった。

だが、今年は守護神奪回へ向け、気合十分。オフに結婚をしたことで守るべきものも増え、キャンプ序盤から精力的に投げ込みを行っている。これまでの実績はあるだけに、平石洋介監督の信頼を勝ち取ることができるか注目が集まっている。

守護神の奪回を目指しているのは松井だけではない。田島慎二(中日)もそうだ。昨シーズンの田島は安定した投球を見せることができず、シーズン途中で守護神から退いている。年間を通じて30試合の登板で防御率7.22はキャリアワースト。中日が低迷した要因のひとつとなってしまった。佐藤優、鈴木博志、ジョエリー・ロドリゲスとライバルは多いが、競争に負けるつもりはない。

おすすめの記事