「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真価が問われる西武の外崎・森 パ・6球団「センターライン」の充実度は?

2019 2/8 07:00青木スラッガー
森友哉,外崎修汰,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

日本ハムの正捕手候補・清水優心が開幕絶望

二塁手・遊撃手・中堅手・捕手からなる「センターライン」は、安定した強いチームをつくりあげていくのに欠かせない要素だ。守りの要であり、理想はレギュラーの責任感を持たせて固定したいところ。併用となる場合でも、特に守備力については高いレベルが求められる。今季のパ・リーグ6球団のセンターラインはどのような形になりそうか、各球団の状況を見ていきたい。

まず課題を抱えるチームを挙げると、日本ハムはキャンプイン前に心配なニュースが入った。捕手の清水優心がヘルニア手術を受け、試合復帰まで3か月を要する見込みで開幕絶望。昨季は自身最多の83試合に出場し、正捕手定着へぐっと近づいていただけに痛い離脱となる。リハビリの経過次第では、トレードなどで補強に踏み切る可能性もあるのではないだろうか。

次にオリックスは投打ともに主力が抜けて再建期にあり、センターラインもこれから若手で固めていくこととなる。現時点でレギュラーといえるのは遊撃手・安達了一と捕手・若月健矢。

中堅手と二塁手が競争となるが、昨季の好材料は4年目・宗佑磨の台頭だ。プロ2年目は一軍出場が10試合だったが、外野の故障者続出により開幕スタメンのチャンスを得た。レギュラー定着まではいかなかったものの、終盤は9月以降に4本塁打を放って打撃成長を見せている。二塁手はルーキーの福田周平が16盗塁を成功させるなど存在感を示し、大城滉二、山足達也ら他の候補と比べて一歩リードと言えるだろう。

おすすめの記事