「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

多和田、上沢、山岡が初の大役か 開幕投手を巡る争い〜パ・リーグ編〜

2019 2/7 11:00勝田聡
多和田真三郎,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

多和田が大本命ながら内海の可能性も?

3月29日のプロ野球開幕まで2ヶ月を切った。各球団の首脳陣はキャンプ、オープン戦で戦力の見極めを行い、開幕一軍メンバーを定めていく。そのなかでも重要なのが開幕投手の決定だろう。1年の始まりである開幕戦は、ほとんどの球団がエースやローテーションの柱に託す。今年はどのような候補がいるのだろうか。パ・リーグ6球団の開幕投手争いを見ていきたい。

昨年リーグ制覇を果たした西武は、エースの菊池雄星がポスティング制度でマリナーズへと移籍した。菊池の後を受け継ぐ開幕投手の大本命は多和田真三郎だ。昨年は初めて規定投球回に到達し16勝(5敗)をマーク。最多勝のタイトルを獲得した。

その他には昨シーズン11勝をマークした榎田大樹、巨人から人的補償で移籍した内海哲也の両左腕が候補に挙がる。辻発彦監督はトークイベントで「(内海の)開幕投手の可能性もゼロじゃない」とコメントし煙に巻いた。もちろんキャンプ、オープン戦での内容次第ではあるが、多和田が一歩リードしているとみてよさそうだ。

リーグ2位ながら日本一を勝ち取ったソフトバンクの開幕投手争いは激戦となる。昨年は規定投球回に到達した投手はなんと「0」だったが、2桁勝利をマークしたのは千賀滉大(13勝)、石川柊太(13勝)、リック・バンデンハーク(10勝)と3人いる。その他には東浜巨や武田翔太といった2桁勝利経験者も虎視眈々と狙っている。

石川は自主トレ中に離脱したが、その他の選手はキャンプでも一軍に相当するA組に入っている。13勝をマークした千賀が一歩リードしている感はあるが、工藤公康監督の決断やいかに。

おすすめの記事