「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松山・角中・吉見ら FA権取得も「残留」を選んだ今季のキーマンたち

2019 2/4 11:00青木スラッガー
松山竜平,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

FA権を取得して「残留」を選んだ選手たち

今季のプロ野球を占う上で鍵となりそうなのが、オフに移籍したFA戦士の活躍だ。広島の丸佳浩と西武の炭谷銀仁朗が巨人、西武の浅村栄斗が楽天、オリックスの西勇輝が阪神へ。優勝チームが中心メンバーを失い、低迷したチームが球界トップクラスの選手を迎え入れた。彼らの働きで、両リーグの情勢がどれだけ変化するのか気になるところだ。

2018年シーズンに国内FA権を新規取得した選手は17人。例年に比べて大物の名前が多く、かねてからオフのFA市場が注目されていたシーズンだった。実際に移籍した上記4人以外で動向が注目されていた選手といえば、広島の松山竜平が挙がる。

昨季の松山は打率.302・12本塁打・74打点の好成績をマーク。得点圏打率.323と勝負強さを発揮し、丸や鈴木誠也に続くポイントゲッターとして重要な役割を担った。

そんな松山だが、意外にも規定打席到達は11年目の昨季が初めて。連覇がはじまった2016年から2桁本塁打を継続しているものの、選手層の厚い広島で松山が守る一塁手・左翼手にはライバルが多く、なかなか不動のレギュラーの立場を確立できなかった。それだけに、より安定した出場機会を求めチームを去ってもおかしくはなかったのだが、FA宣言せずに残留を選んだ。

今季からは不動の3番打者が抜け、これまで以上に松山の重要性が増す。鈴木誠也を3番に移し、繰り上げで松山が4番に座ることも考えられ、新広島打線のキーマンとなるだろう。丸が抜けた穴をカバーできるかどうかは、松山にかかっていると言っても過言ではない。

おすすめの記事