「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島はフランスアが衝撃的な活躍 セ・6球団の「8回の男」

2019 2/6 07:00青木スラッガー
2018年,広島ホールド数トップ3,巨人ホールド数トップ3,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

広島・ヤクルトの上位チームは8回が安定

チームに何人かいるセットアッパーの中でも、最も信頼されている投手は8回を任されるケースが多い。セットアッパー1番手の「8回の男」。最終的にリードを保って逃げ切ればいいクローザーとは違い、ゼロに抑えることが絶対である過酷な役割だ。今季のセ・リーグ6球団は誰が8回を任されることになりそうか、昨季の成績から予想していきたい。

広島表,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


広島は連覇の3年間、リリーフの柱として貢献してきたジャクソンが退団している。昨季のジャクソンは中盤戦で今村猛とともに調子を崩し、一時は逃げ切りパターンが狂いかけた。そこで救世主となったのが5月に育成契約から昇格した左腕のフランスアだ。160キロ近い球威を武器に防御率1.66、奪三振率11.22と圧倒的な成績を残し、球界随一のリリーフエースに定着している。

今季も8回・フランスア、9回・中﨑翔太のリレーは既定路線だろう。彗星のごとく現れた1年目を経て、研究される2年目にどれだけの成績を残せるか注目される。

ヤクルト表,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


ヤクルトは17年目のベテラン・近藤一樹がシーズンを通してセットアッパー1番手を務めた。防御率は3点台半ばだったが、74試合・76.2投球回を投げ抜いた貢献度は、クローザーの石山泰稚と並んでチーム投手MVPもの。ただ、年齢を考えるとその疲労は心配だ。昨季は回跨ぎの登板も多かった。今季は「近藤-石山」までの継投を充実させ、近藤が投げる場面を固定させたいところである。

昨季の7回は大卒2年目の中尾輝、高卒2年目の梅野雄吾といった若手が入った。今季は新外国人のマクガフのほか、寺原隼人、10年ぶりのヤクルト復帰となる五十嵐亮太も候補に加わる。

おすすめの記事