「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神は優秀なベテランの陰で若手伸び悩み 野手・投手の年齢別成績を分析

2019 1/11 07:00青木スラッガー
ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

投手は藤浪ら「24歳~28歳」が不調

<主な選手>

■「23歳以下」
才木 浩人(20)
髙橋 遥人(23)
尾仲 祐哉(23)

■「24歳~28歳」
藤浪 晋太郎(24)
小野 泰己(24)
青柳 晃洋(25)
岩貞 祐太(27)
秋山 拓巳(27)
岩貞 祐太(27)
岩崎 優(27)
石崎 剛(28)

■「29歳~33歳」
伊藤 和雄(29)
ドリス(30) 岡本 洋介(33) 桑原 謙太朗(33)

■「34歳以上」
マテオ(34) 岩田 稔(35)
メッセンジャー(37)
藤川 球児(38) 能見 篤史(39)

ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

投手陣はチーム防御率4.03を記録した。「打高投低」傾向が強かった2018シーズンではリーグ2位の数字ではあるものの、前年の3.29から大幅に悪化。しかし、オフにはオリックスから西勇輝、中日からガルシアと2桁勝利投手を続けて獲得し、先発陣強化に成功させている。

年齢別成績は野手陣とかなり近いグラフの形が出た。こちらも「34歳以上」に外国人エースのメッセンジャーをはじめ、リリーフに藤川球児、能見篤史、髙橋聡文と重要な役割を担う存在がある。年齢層別の防御率は「23歳以下」4.33、「24歳~28歳」4.52、「29歳~33歳」3.53、「34歳以上」3.36となり、最も安定していたのが彼らベテラン陣だった。

「29歳~33歳」は先発がいなかったため投球回数は少なかったが、桑原謙太朗、岡本洋介、ドリスとリリーフでしっかり結果を残している。

「24歳~28歳」は本来の力を発揮できなかった投手が多かった。実績のある岩貞祐太、秋山拓巳、藤浪晋太郎が全員2桁勝利に届かず。西とガルシアが入ってくる来シーズンは、立場が確立されていない彼らが競争で高めあってくれることを期待したいところだ。

「23歳以下」は投球回数14%と野手より多くの出場機会を得た。高卒2年目の才木浩人、大卒ルーキーの髙橋遥人と先発可能な投手が左右で出てきていることは大きい。高卒3年目の望月惇志もリリーフで37登板しており、ここの投手層は他球団と比べて悪くない。

野手・投手を総括すると、30代が優秀だが20代が伸び悩み、ベテランと若手の歯車がうまくかみ合っていないという点で共通する課題がある。ベテラン陣が元気なうちに、若手がもう一皮剝けたい。

おすすめの記事