「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテ終盤に失速も井上、福浦に明るい話題 今季は「金の卵」藤原の育成にも注目

2019 1/4 15:00勝田聡
バルガス,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ボルシンガーが11連勝でエースの働き

井口資仁新監督を迎えてのシーズンとなったロッテは、夏場まで3位争いに加わったものの、終盤で失速し5位に終わった。

井口監督の初陣となった開幕戦は黒星だったが、2戦目から3連勝。4月半ばに5連敗はあったが、3・4月は12勝12敗の五分で乗り切った。5月は10勝14敗と負け越したが、6月には14勝8敗と息を吹き返す。その後8月上旬まではソフトバンク、オリックスと3位争いを繰り広げていた。

しかし、8月は9勝14敗、9・10月は7勝23敗と大失速。最後は6連敗でシーズンを終えており、悔しさが残った1年だった。

ロッテ成績表

ⒸSPAIA

チームの数字を見ると投打ともに苦しかったことがわかる。124盗塁こそリーグ2位だが、打率.247(4位)、534得点(5位)、78本塁打(6位)、防御率4.04(5位)とすべての面で苦戦している。しかし、個人にスポットを当てると明るい話題もあった。

野手では井上晴哉がブレイク。4番として打率.292、24本塁打、99打点の成績を残しチームを引っ張った。一方の投手陣では新外国人投手のマイク・ボルシンガーが11連勝をマークするなど、13勝2敗の成績で最高勝率のタイトルを獲得している。

そして忘れてはいけないことがひとつある。「幕張の安打製造機」こと福浦和也が本拠地・ZOZOマリンスタジアムで2000本安打を達成したのだ。ロッテの歴史、そして野球界に大きな足跡を残している。

おすすめの記事