「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトバンク3連勝 接戦制し日本一へ王手 日本シリーズ第5戦

2018 11/1 23:05SPAIA編集部
バッターⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク3連勝

プロ野球の日本シリーズ、広島-ソフトバンク第5戦は11月1日、ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが広島を5-4で下し本拠地で3連勝し3勝1敗1分けとした。

広島が一回、2死一三塁で8番曾澤翼が先制となるタイムリーを放つと、ソフトバンクは4回無死満塁の好機で中村晃がセンターへのタイムリーヒットで逆転、2-1とする。

5回には丸佳浩が2死二塁で2ランホームランを放ち再びリード、その後も一進一退の攻防が続き、4-4で迎えた延長10回、先頭の柳田悠岐が外角低めに投じられた2球目を強振、ライトスタンドへアーチを描きサヨナラとした。

ソフトバンクは本拠地で日本シリーズ3連勝を挙げ、日本一へ王手をかけた。第6戦は11月3日マツダZoom‐Zoomスタジアムで18時30分から行われる。

おすすめの記事