「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤクルトが終盤戦に見せた「勝利」と「育成」

2018 11/1 07:00勝田聡
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランに頼ることが多かった今季

2015年のリーグ優勝から、5位、6位とわずか2年で最下位に転落したヤクルト。今シーズンも決して前評判は高くなかった。しかし、終わってみれば貯金を「9」作り、2位でフィニッシュ。特に12勝9敗1分した9月と、6勝1敗した10月のラストスパートは印象的だった。

クライマックスシリーズこそ巨人の前に敗れたが、大躍進と言っていい。その立役者は山田哲人、青木宣親、石山泰稚、近藤一樹……名前を挙げればキリがないほど沢山いる。

その一方で、チーム全体の高齢化も進んでいる。レギュラー野手は26歳の山田哲が最年少となっており、外野はウラディミール・バレンティン、雄平、青木と軒並み30代半ばで、一塁を兼任している坂口智隆も同様だ。

規定打席到達打者及び新人の成績

先発投手陣を見ても、若手と呼べるのは大卒3年目だった原樹理ただひとり。期待されていた星知弥は故障もあり、先発は3試合(中継ぎ含め18試合)に終わっている。日本人投手でもっとも先発登板が多かったのは、なんと最年長の石川雅規(38歳/22試合)だった。

石川はベテランらしい投球で7勝6敗と貯金をつくっており、チームに貢献していることは間違いない。中継ぎ陣でチーム最多登板したのも、35歳の近藤一樹(74試合)とベテラン域の選手だった。このことからも、もう少し若手の台頭が欲しかったというのが本音だ。

主な投手の成績

おすすめの記事