「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018ドラフト】埼玉栄・米倉、東京ガス・笹川ら指名漏れとなった実力者たち

2018 10/27 11:00勝田聡
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

「大谷世代最後の大物」笹川も指名ならず

社会人では、笹川晃平(東京ガス)と松本桃太郎(ホンダ鈴鹿)のタイプの違う打者2人が指名漏れとなった。「大谷世代最後の大物」とも言われ、右の長距離砲として注目されていた笹川。仙台大時代にリーグ歴代最多の120安打を放ち、当時から安打製造機として知られていた松本。彼らは来年も社会人野球で戦うことになるだろう。

投手では岡野祐一郎(東芝)、高橋拓巳(日本生命)、平尾奎太(ホンダ鈴鹿)が涙をのんだ。特に高橋は先発、中継ぎと柔軟に対応でき、しかも左腕ということで中位から下位での指名が予想されていた。

【主な社会人の指名漏れ選手】

  • 岡野祐一郎(東芝/投手)
  • 高橋拓巳(日本生命/投手)
  • 平尾奎太(ホンダ鈴鹿/投手)
  • 笹川晃平(東京ガス/外野手)
  • 松本桃太郎(ホンダ鈴鹿/外野手)
  • 谷田成吾(四国・徳島/外野手)

このように今年も各カテゴリーで有力とみられていた選手たちが指名漏れとなった。しかし、当然ながら今年だけで終わらないドラフト会議、チャンスは再び訪れる。諦めずに次のステージでプレーし続けて欲しい。

おすすめの記事