「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018ドラフト】埼玉栄・米倉、東京ガス・笹川ら指名漏れとなった実力者たち

2018 10/27 11:00勝田聡
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

名城大・栗林、駒澤大・白銀ら実力者が指名漏れ

大学生は投手、野手ともに前評判の高かった選手が指名漏れとなった。投手では最速150キロを超える栗林良吏(名城大)と、サイドスローから150キロ近いストレートを投げる白銀滉大(駒澤大)の名前が読み上げられなかった。

その他、法政大で左右二枚看板と言われている菅野秀哉と森田駿哉も指名されていない。1年春にデビューした森田だが、その後ケガに悩まされ、復帰したのが今年の春だった。故障明けということがネックとなったのかもしれない。

日本代表経験もある国際武道大の左腕・伊藤将司も指名漏れだ。この伊藤も故障明けということで敬遠された可能性がある。

野手に目を向けると外野手に指名漏れが目立った。逢澤峻介(明治大)、向山基生(法政大)、長沢吉貴(日大)と日本代表経験がある選手も涙を飲んだ。外野というポジションが、プロ入り後に他のポジションからコンバートしやすいことが要因のひとつだろう。

法政大は4名が指名届を提出したが、中山翔太(ヤクルト2位)のみの指名となり、3名が指名漏れとなっている。

【主な大学生の指名漏れ選手】

  • 伊藤将司(国際武道大/投手)
  • 菅野秀哉(法政大/投手)
  • 森田駿哉(法政大/投手)
  • 白銀滉大(駒澤大/投手)
  • 栗林良吏(名城大/投手)
  • 山本隆広(関大/投手)
  • 逢澤峻介(明治大/外野手)
  • 向山基生(法政大/外野手)
  • 長沢吉貴(日大/外野手)

おすすめの記事