「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大躍進のヤクルト!ファンの声燕を背に夢へと続く道をまた歩み出す

2018 10/17 11:00勝田聡
東京ヤクルトスワローズ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

96敗……屈辱の昨シーズン

2015年のセ・リーグ制覇から、わずか2年で最下位に転落したヤクルト。チームでは球団史上ワーストとなる96敗、借金51、交流戦最下位、チーム打率、本塁打数、防御率、失策数はすべてリーグワースト。チームの顔でもある山田哲人の不振や、2桁勝利達成者の不在など散々な結果だった。一部のファンからは「シャワーが長い! 」など、少し笑ってしまうようなものも含めたヤジが、クラブハウス前で飛ばされることも。

シーズンオフには小川淳司監督が就任し、ヘッドコーチにはOBである宮本慎也氏を起用。石井琢朗氏、河田雄祐氏と広島を強くした要素のひとつである両コーチを招聘。さらにはメジャーリーガー・青木宣親を補強と、大きくチームを変えようという意思が伺えた。それは「Swallows RISING」というスローガンにも現れている。

公式ホームページには下記のように記されている。

「この悔しさを胸にもう一度立ち上がり、再び上を目指そう。」
今年のスローガンの「Swallows RISING」という言葉にはそのような想いが込められています。

《関連データ》東京ヤクルトスワローズ


チーム一丸となって上を目指すことを掲げたのだ。

おすすめの記事