「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリ山本由伸ら「高卒2年目投手」は黄金世代?世代合計43勝49ホールド

2018 10/21 11:00青木スラッガー
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

世代全体で43勝・46敗・49H ブレイク相次いだ「高卒2年目投手」

今シーズンもたくさんの若手選手が一軍デビューを飾り、球界にフレッシュな風を吹き込んだ。特に活躍が目立った「世代」は、高卒2年目の投手たちではないだろうか。

プロ野球界で「20歳」というのは、当然ながらまだまだ育成の初期段階にあたる。高卒の入団1年目に体づくりの目途がつき、ようやく本格的に実戦を視野に入れていくところだ。

2年目までに一軍で活躍できる選手はほんの一握りで、20歳以下で新人王となった選手は楽天の田中将大(2007年)以来出ていない。多くの選手にとって、まずは二軍メンバー内での競争を勝ち抜き、二軍戦の出場機会を掴んでいくことが目標となるだろう。

しかし、既に一軍で「戦力」となっている高卒2年目の投手が非常に多かった今シーズン。一軍登板の経験があり、今年で20歳を迎える1998年生まれの投手は、ソフトバンクを除いた11球団で16名。全員の成績を合計すると43勝・46敗・49ホールドとなり、存在感を放つ世代と言える。

今シーズン一軍登板した「1998年生まれ世代」投手

おすすめの記事