「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

快投続く藤川球児 松坂世代「第1号」の名球会入りとなるか

2018 9/19 16:00青木スラッガー
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

未だ0人、引退相次ぐ「松坂世代」の名球会入りは?

ひとつの時代が、徐々に終わりへ近づいている。巨人・杉内俊哉、DeNA・後藤武敏が今シーズン限りでの引退を発表。独立リーグBC栃木の村田修一もすでに引退試合を終えた。

3人は一時期の野球界を席巻した松坂大輔と同学年にあたる、いわゆる「松坂世代」。杉内、村田、そして松坂をはじめ、プロ入り早くから活躍した世代だが、名球会入り区切りの数字「200勝」「250セーブ」「2000安打」に届いた選手は未だいない。このまま名球会入り0人で、松坂世代は球界を去っていくのだろうか。

引退が相次いだ一方で、松坂は見事な復活を果たした。9月13日阪神戦で今シーズン6勝目をマークし、日米通算170勝である。年齢を考えると残り30勝は決して簡単な数字ではないが、着実に金字塔へ向けて歩みを進めている。

復活した世代の主人公が唯一の名球会入りとなれば、これ以上のドラマはない。だが、数字上で名球会入りに松坂よりも近い位置の選手がいる。今も第一線で投げ続け、日米通算227セーブをマークする阪神・藤川球児だ。

日米通算227セーブ 復活を果たした藤川球児

メジャー最終年となった2015年、怪我の影響もあってシーズン途中に帰国した藤川は、阪神に戻ってきて見事な復活を遂げた。先発で開幕した2016年は43登板で防御率4.60だったが、昨シーズンは52登板で防御率2.22、今シーズンは48登板時点で防御率2.19と、年々成績は良化している。

アメリカでトミー・ジョン手術を受け、150キロ中盤をマークした「JFK」時代のようなスピードは出なくなり、追い込んだ後、捕手が中腰に構えるシーンも渡米前より少なくなった。それでも140キロ後半のストレートとフォークボールを低めに丁寧に集め、時折クイックモーションで投げタイミングをずらすなど、細かな技術を駆使して打者を打ち取っている。

特に今シーズンの働きは、リリーフ陣の柱と呼ぶにふさわしいものだ。防御率チームトップ、ホールド数(19)チーム2位、登板数(48)チーム3位。球界全体で見てもリリーフとして安定感はトップクラスだろう。

しかし、阪神復帰からの3年間で、藤川はセーブ数を5つしか積み上げることができていない。名球会入りへ難しい問題となるのは、藤川復帰と同時に就任した金本知憲監督の起用方法だ。

藤川は、「守護神」というかつての役割から長く遠ざかっている。どれだけ好投を重ねても、9回を任されセーブを挙げない限り、名球会入りへの道はない。では今の藤川は、クローザーを務めるにふさわしくない投手なのだろうか。

おすすめの記事