「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

得点量と得点回数で振り返る2017年プロ野球(上)~ソフトバンク一強パ・リーグ編~

2017 12/22 16:14松本 健太郎
得点量と得点回数で振り返る2017年プロ野球(上)~ソフトバンク一強パ・リーグ編~
このエントリーをはてなブックマークに追加

平均から踏まえて偏りを見ていく

平均得失点回数と平均得失点量を掛け合わせると、1試合あたりの平均得失点になるので、その結果に2017年シーズンの143試合を掛けてみると、各チームの得失点とほぼ完全に一致します。

そりゃ、そうだ。

平均から踏まえて偏りを見ていく

しかし、データはあくまで平均であり、何イニング目かによる偏りが現れます。その偏りがチームの最大の短所であり長所でもあります。

最後にイニング別の得失点を見ておきましょう。

イニング毎得点

西武の打線が面白いのは、3イニング~4イニング目に大きく得点を挙げる傾向にある点です。恐らく投手の癖を盗むのが上手いコーチがいるのでしょう。

一方のソフトバンクですが、初回得点のケースが多いようです。一方で、6回に一度カクンと得点が減っているので、このあたりは3打順目5~9番と考えると、やはり打線の切れ目はあるなぁと考えられます。

次に失点を見てみましょう。

イニング毎失点

どうした日本ハム、という感じですね。前半の3イニング目に投手陣が崩れています。ロッテ、オリックスは後半の7イニング目ですね。

結論

「負けに不思議の負けなし」とは野村克也元監督の名言です。

負けるには負けるなりの理由があります。すなわち、負けているチームの特徴、傾向をマクロ・ミクロ双方の観点から分析することで、敗者は強者に挑戦する資格をチャンスに変えられるのです。

具体的なチーム単位の分析は次々回以降に回すとして、次回はセ・リーグの分析に挑戦したいと思います。


《関連データ》プロ野球 順位表


《関連記事》【得点量と得点回数で振り返る2017年プロ野球(下)~広島一強セ・リーグ編~】

おすすめの記事