「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球選手の夢!年俸大幅アップを勝ち取った選手たち

2017 12/6 14:33Mimu
契約
このエントリーをはてなブックマークに追加

後の大スターの最初の1歩!オリックス・ブルーウェーブ、イチロー

平井の前年、同じくオリックスからこの809%を大幅アップした選手が登場していた。イチローだ。もうピンときている方も多いかもしれないが、登録名を「イチロー」に変更し、210安打を放った年のことだ。
91年にドラフトで入団し、3年目となった94年。開幕から1番打者として活躍し、打率.385で210安打という、いまだに伝説として語り継がれる成績を残している。これがきっかけとなり「最多安打」のタイトルが設立されたほどだ。
この年の契約更改で、年俸は800万から8000万円へ、900%の大幅アップとなった。

その後イチローは7年連続首位打者という不滅の記録を残した後、MLBへと活躍の場を移し、マリナーズの中心選手として活躍した。そして08年~2012年まで5年総額9000万ドルの大型契約を結んでいる。
これがおそらく、日本人選手としては最高年俸だろう。1年当たり1800万ドル、現在のレート(1ドル=約110円)でいえば19億8000万円ほど。これほどの夢はないだろう。

なんと年俸10倍以上!東北楽天ゴールデンイーグルス・福盛和男

だが実は、このイチローをも上回る年俸アップ率を勝ち取った男がいる。楽天イーグルスに所属していた福盛和男だ。横浜ベイスターズから2003年オフにトレードで近鉄バファローズへ移籍。
そして球団合併に伴い、分配ドラフトで楽天へと入団した。楽天ではクローザーとして活躍し、2005~07年の3年間で49セーブを記録。この当時の年俸は8300万円だったという。その後FA権を使ってMLBへの挑戦を表明した。

しかし、故障などもあって満足な活躍をすることができず、2009年のシーズン途中に解雇。そして6月から楽天へと復帰した。
当時、野村監督は獲得の意思はなかったそうだが、福盛自身が監督の宿泊するホテルへと直談判。これに監督も折れたのか、野球協定が定める最低年俸である440万円で契約する。

しかし監督の予想とは裏腹に、福盛はここから大活躍。移籍前と同じくクローザーに定着し、35試合で7勝1敗10セーブ 防御率2.18という好成績を残した。
彼の活躍なくして、球団初のクライマックスシリーズ出場はならなかっただろう。オフの契約更改では、440万から大幅増の5000万円、なんと1036%アップとなった。中村紀洋のように少し変わった事情はあるが、彼が歴代で最高のアップ率である。

おすすめの記事