「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球各チームのSNS活用比較!SNSに力を入れている球団は?

2017 11/10 12:24kero
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

”いいね!”の数、”ともだち”の数

各球団のSNSのいいね!、フォロワー、ともだち数を比較し、その内容の個性を比較してみると、SNSに力を入れている球団とそうでない球団が浮き彫りになった。
流行に敏感に反応し、主流のSNSの公式アカウント全てを提供している球団、ターゲットを絞って一部のSNSのみを運営する球団など、ファンの性格や傾向がわかる。フォロワー数はファンの多さやチームの成績とは直接比例しているわけではないようだ。

また、テレビや他メディアでの露出がそもそも多いためか、読売ジャイアンツのファンは、その規模の割には、それほどSNS(特にTwitter)を活用していないこともわかった。ではメディア露出が少ない地方球団が多く活用しているかといえば、必ずしもそうではない。
広島東洋カープなどは熱いファンの存在に反して、球団側が全く公式アカウントを作っていないため、SNSからその生態を割り出すことはできない。従って地方球団とSNSという因果関係も一概ではない。
日本ハムは全てのSNSにアカウントを持ち、それを丁寧に運営している。フォロワー数もそれに比例していると考えられる。

SNSの年齢別利用と照らし合わせると、年齢層関係なく全般的に利用率が高いFacebookの、いいね!数が多い球団、速報の配信、それに対するコメントなどで、リアルタイム双方向コミュニケーションが取りやすいTwitterのフォロワー数が多い球団、年齢や性別を問わず人気の高いInstagramやLINEのフォロワー数が多い球団など、ファン層の年齢分布や活用法などがなんとなく透けてみえるようである。
SNS利用者数はこれからも伸び、ファンとの相互コミュニケーションが益々盛んになってくるだろう。球団に愛着を持ってもらうため、SNSをどのように活用していくのかが、これから重要となると考えられる。

おすすめの記事