「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号42の名選手たち

2017 12/29 21:24cut
野球ボール,グランド
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天の背番号42は外国人選手のみ

2005年に新球団として誕生した東北楽天ゴールデンイーグルス。歴史が浅いということもあり、創設当初から背番号「42」は外国人選手しか着用していない。2017年シーズンまでの13シーズンで既に11選手がつけており、入れ替わりの激しい番号となっている。
2年連続でこの番号を身につけたのはマーカス・グウィン選手(2008年、2009年)、ケルビン・ヒメネス選手(2011年、2012年)のふたりだけだ。「42」を与えると複数年在籍する可能性が低くなってしまうかもしれない。

アンドリュー・ジョンズ選手、ケビン・ユーキリス選手といった大物外国人選手を獲得する楽天だが背番号に注目したい。

【楽天の背番号42】

2005年:ルイス・ロペス選手
2006年:ホセ・フェルナンデス選手
2007年:ケビン・ウィット選手
2008年:マーカス・グウィン選手
2009年:マーカス・グウィン選手
2010年:ランディ・ルイーズ選手
2011年:ケルビン・ヒメネス選手
2012年:ケルビン・ヒメネス選手
2013年:ケニー・レイ選手
2014年:ジョン・ボウカー選手
2015年:ウィリー・モー・ペーニャ選手
2016年:ジェフェット・アマダー選手
2017年:フランク・ハーマン選手

おすすめの記事