「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

史上初めてCS進出を逃した巨人の2017年シーズンまとめ

2017 11/10 12:24cut
東京ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年シーズンに向けて鍵を握る外国人選手たち

屈辱のシーズンとなった巨人だが、来シーズンはさらに厳しい戦いとなるかも知れない。3本柱の一人であるマイコラス選手、セットアッパーで長らく巨人を支えたマシソン選手、強打の内野手であるマギー選手、守護神カミネロ選手と外国人選手が軒並み契約終了となるのだ。球団は残留交渉を行うものの、去就は不透明となっている。

自由契約となった村田選手に加えマギー選手が不在となれば、今シーズン以上の貧打が予想される。もちろん、若手を使えるというメリットはあるが、結果を残せるかは未知数だ。常に勝利を求められる巨人という球団で思い切った采配ができるのか注目が集まる。

また、投手陣もマイコラス選手、マシソン選手、カミネロ選手が退団となれば先発、セットアッパー、守護神に新たな人材が必要となる。ドラフト、新外国人、若手の台頭でどの程度まで底上げができるのか楽しみだ。

逆に、外国人選手の残留交渉が成功し残留となれば戦力としてのメドが立ち、上位進出を目指すことはできそうだ。巨人にとって、来シーズンに向けた最大の補強は外国人選手の残留かもしれない。鹿取GMの手腕に注目したい。

おすすめの記事