「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフトにおいてプロ志望届を出さなかった選手は?

2017 11/10 12:24cut
baseball player
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生野手は注目捕手が揃って社会人へ

大学生は注目されていた捕手3人が揃って社会人希望となった。ユニバーシアード日本代表にも選ばれていた小林遼選手(富士大)、小畑尋規選手(立正大)、大平達樹選手(桜美林大)だ。
とくに大平選手は昨年のドラフト会議で外れ1位ながら5球団競合となった佐々木千隼選手と同じく桜美林大出身。佐々木選手に続く2年連続となる同大からのプロ選手誕生はならなかった。

プロ注目選手の揃っていたが上武大は島田海吏選手、宮川哲選手、石井将希選手、仲瀬貴啓選手の4人がプロ志望届を提出。
しかし、小豆澤誠選手、鳥巣誉議(とりす たかのり)選手のふたりは社会人からのプロ入りを目指すことになった。
とくに、遊撃手としてプレーし今春のリーグ戦では打率.438で首位打者を獲得しベストナイン、MVPも受賞した小豆澤選手には更なる飛躍が期待される。また、主将として同大を引っ張った鳥巣誉議選手も社会人入り。同期の仲間達と2年後にプロで再会することを期待したい。

広陵高校時代はエースとして活躍。東海大学入学後に遊撃手へ転向した下石涼太選手もプロではなく社会人希望となった。

【主なプロ志望届未提出者・大学生・野手】

<捕手>
小林遼選手(富士大)
小畑尋規選手(立正大)
大平達樹選手(桜美林大)

<内野手>
小豆澤誠選手(上武大)
鳥巣誉議選手(上武大)
下石涼太選手(東海大)

<外野手>
八木健太郎選手(早稲田大)

おすすめの記事