「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

香川県出身の輝けるプロ野球選手たち

2017 10/13 11:07sachi
香川県
このエントリーをはてなブックマークに追加

勝負の2年目へ!社会人野球で努力を重ねてきた南川忠亮投手

南川忠亮投手は高松市出身の1992年生まれの選手。しかし、プロ野球選手としては今季で2年目とキャリアの浅い選手だ。小学3年生から野球を始め、中学まではキャッチャーを務めていた。県立高松工芸高から投手に転向、3年時には全国選手権の県大会で準決勝へ進出、高松商を相手に延長11回を2失点という力投を見せた。
高校卒業後はJR四国に入社し日本選手権や都市対抗野球などに出場、数々の個人賞を受賞した。それらの実績から2015年のプロ野球ドラフトで埼玉西武ライオンズの指名を勝ち取り、ついにプロ野球の世界へと足を踏み入れたのだ。
初年度の2016年は4月から1軍に昇格、4試合でリリーフを務め失点1と好投したが、チーム方針もあり以降は2軍で戦った。勝負の2年目は更なる活躍が期待される。

1軍のレギュラー奪取へ。剛速球に磨きをかける塹江敦哉投手

広島カープでプロ3年目を迎えた塹江敦哉投手は、前述の南川投手と同じ高松市の出身だ。小学3年生から野球を始めたが、学業専念を考え中高一貫の高松北中・高に進学した。ただ野球部には所属し続け高校から投手へ転向、4番打者も兼ねてチームの中心を担った。
甲子園の出場歴はないものの、球速150Kmを超えるストレートに注目したカープがドラフトで指名し入団に至っている。初年度の2015年は2軍で公式戦7試合に投げたほか、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」に出場した。2016年も大半を2軍で過ごしたが、チームが25年振りのセ・リーグ優勝を果たした後で1軍の登板機会を得ている。
最速159Kmの直球とスライダーを武器に、1軍定着を狙っている。

香川県出身のプロ野球選手を代表して、偉大な「怪童」をご紹介

2017年3月の時点で、香川県出身の現役プロ野球選手は上記4名となっている。しかし、プロ野球界でもひと握りにしか許されない野球殿堂入りを6名が果たしている。その6名から、現在の埼玉西武ライオンズで18年間の現役生活を送り、名監督、名コーチとして数々の選手を育てた中西太氏を紹介する。
高松市出身の中西氏は高校生の頃から「怪童」と呼ばれていた野球の天才だ。当時の西鉄ライオンズ三原脩監督と運命的な出会いを経て入団、1年目から驚異的な打撃力でチームの主軸となり、黄金時代の到来に貢献した。
プロ2年目でトリプルスリーを達成、これは現在も続くトリプルスリーの最年少記録だ。1959年の公式戦で右手を故障し、それ以降は代打としての出場が多くなっていったものの、生涯打率.307、長打率.553、本塁打王5度という抜群の成績を残した。

まとめ

現在、香川県出身の現役プロ野球選手は4名とやや寂しい人数だが、過去にはプロ野球界を代表するような名選手も輩出してきた。現在活躍中の4選手も、そしてこれからプロ野球界に進んでいく次世代の選手も、同郷の偉大な方々を追っていってほしい。

おすすめの記事