「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「安芸国」広島県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07sachi
広島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャイアンツの鉄人と呼ばれた西村健太朗投手

読売ジャイアンツの西村健太朗投手は安芸郡府中町の出身だ。甲子園の常連校である広陵高に進学し、1年生の秋からエースとして活躍した。高校時代のあだ名は「フランケン」。
2年生から3年生にかけ4季連続で甲子園出場を果たしており、2003年の第75回春の選抜では見事優勝している。プロ野球ドラフトにおいて複数の球団が関心を寄せたが、相思相愛といわれたジャイアンツに入団した。

プロ初年度はリリーフとして1軍に初登板するが救援に失敗、先発でもマウンドを踏むが好結果を残せず2軍へ降格している。2年目の後半から徐々に1軍の試合で登板機会を増やしていったが、先発にリリーフ、抑えと局面を問わず出場することもあり、当時の原辰徳監督からは「うちの鉄人」と絶賛された。

パ・リーグが誇る「トリプルスリー」の達成者、柳田悠岐選手

2015年シーズンに鮮烈なトリプルスリーを達成した、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。広島市出身の柳田選手は小学3年生から野球を始め、県立の広島商に進学した。
甲子園出場歴はなく無名に近い存在だったが、広島経済大時代に取り組んだウェイトトレーニングの成果もあって、高いアベレージと長打を伏せ持つ好打者へと変貌する。大学での活躍が認められ、ソフトバンクがドラフト2位で獲得した。

プロ1年目から大器の片鱗を見せていた柳田選手は、故障で一時離脱のあった3年目に1軍で2桁本塁打と2桁糖類を記録。そのオフからトリプルスリーを意識し始めたという。2014年も着実に実績を上積みし、2015年には公約通りトリプルスリーを達成、「ギータ」の愛称を日本中に知らしめた。

1軍定着を目指す、広島市出身の「アジャ」井上晴哉選手

千葉ロッテマリーンズに所属する巨漢スラッガーの井上晴哉選手は、出生時に体重が5,200gあったという規格外の体格の持ち主。高校時代の甲子園出場歴はないが、崇徳高、中央大、社会人野球の日本生命とキャリアを通じて4番打者を務めてきた。
2013年秋の東アジア大会で日本代表の中軸を担い金メダル獲得に貢献。それらが認められ、同年のドラフト会議においてマリーンズが獲得した。

公称で110㎏とされていた体重が実は115Kgあり、プロ入り1年目の日本人選手で最重量となった。プロレスラーのような巨漢から日本生命時代についた「アジャ」というあだ名は現在も使われている。
パワーだけでなく左右に打ち分ける打撃技術や、守備の器用さも特徴。2016年までは果たせなかった1軍定着が今季の目標だ。

まとめ

広島県出身のプロ野球選手には非常に高い能力を持ち、かつ個性に溢れた方々が揃っている。過去を遡ると張本勲氏、金本知憲氏、谷繁元信氏といった面々も広島県出身だ。これからも球界を代表するような選手輩出を期待したい。

おすすめの記事