「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

奈良県出身の現役プロ野球選手の活躍を紹介!

2017 10/13 11:07フェデ
奈良県
このエントリーをはてなブックマークに追加

マメの愛称で親しまれている中村真人選手

奈良県の御所市出身の中村真人選手。智弁学園高校時代は通算31本の本塁打を記録するなど、その打撃センスの良さで好成績を残している。
高校卒業後は、近畿大学へ進学。1年生からレギュラーの座を掴み、関西学生リーグでも大活躍。大学の同期には、現在阪神タイガースで活躍中の糸井嘉男選手がいる。大学卒業後はシダックスに入団して社会人野球を選択。都市対抗戦では若獅子賞や社会人ベストナインにも選ばれる。

2006年には育成選手として東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2008年には二軍での活躍が認められ、支配下選手として登録。この年から1軍でプレーする機会が増える。持ち前の俊足巧打が魅力的な選手だ。

まとめ

奈良県出身で活躍を続けている選手たちを紹介してきた。 類まれなる才能をいかんなく発揮し、それぞれの持ち味を存分に生かしている。 クイックが得意な久保投手や俊足を生かしたプレーと堅実な守備を誇る亀井選手など、自分の存在を強くアピールしながら、1軍という舞台で活躍する姿に思わず見とれてしまう。 そんな彼らがさらに活躍することを期待しよう。

おすすめの記事