「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

結束力はナンバーワン!滋賀県出身の現役プロ野球選手5選

2017 10/13 11:07mikky
滋賀県
このエントリーをはてなブックマークに追加

俊足を武器に一軍定着狙う阪神・植田海選手

2014年ドラフト5位で阪神タイガースに入団した植田海選手は、甲賀市出身だ。地元のスポーツ少年団では遊撃手と投手を務めていたものの、中学時代はボーイズリーグで遊撃手に専念。
高校は山梨の日本航空へ進学するも、1年で自主退学して近江高校へ。規定で2年生は大会に参加できなかったが、3年時には遊撃手として甲子園に出場して高打率(.517)をマークした。
2015年のプロ入り後は俊足を武器に二軍戦で出場を重ね、2016年の23歳以下による世界大会では2番・遊撃手として6つの盗塁を決めて盗塁王に輝いた。

プロ初完封勝利で波に乗りたい中日・小熊凌祐選手

2008年のドラフトで中日ドラゴンズから6位指名を受けて入団したのは志賀町出身の小熊凌祐選手だ。地元のボーイズリーグを経て近江高校に進学し、2年時に甲子園出場を果たしている。
速球やスライダーを武器に、プロ入り後は主に抑え、中継ぎを経験。2015年からは先発に転向して先発初勝利を挙げ、翌16年はシーズン早々にプロ初完封を達成する活躍を見せた。シーズン序盤には打球が右肘に当たる負傷もあったが、この年は5勝2敗で終えている。

中日期待の若手スラッガー、石川駿選手

社会人野球の強豪、JX-ENEOSから2014年ドラフトで4位指名を受けて中日ドラゴンズに入団したのは、石川駿選手。草津市出身で、高校は強豪・北大津高では2年連続で選抜高校野球に出場した経験を持つ。
明治大に進学後はけがに苦しんだ影響でプロ志望届は出さずに社会人へ。JX-ENEOSに入社した2013年の都市対抗野球では打率4割、3本塁打、7打点の活躍で優勝に貢献した。
プロ入り後初のオープン戦では1軍でいきなりホームランを放ち、スラッガーとして期待されたが、けがが相次いだ影響で、2年間の1軍成績は2試合ノーヒット(犠打1)となっている。

まとめ

ソフトバンクの強打者、松田選手や楽天投手陣の柱である則本選手など、第一線で活躍する一流選手がいる一方、阪神の植田選手や中日の石川選手など、これからの成長が期待される選手もいる。 プロ野球滋賀県人会に所属する7選手は、数こそ少ないものの、同郷を思う選手らの人柄は応援したくなる。

おすすめの記事