「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長野県出身の現役プロ野球選手をすべて紹介!

2017 10/13 11:07おおたき
長野県
このエントリーをはてなブックマークに追加

独特の投球フォームの横浜DeNAベイスターズ柿田裕太選手

柿田に選手は小学校1年生の時に野球を始めた。明善中学に進学後は松本南シニアに所属。その後長野県松本工業高等学校に進学すると、1年生の秋からエースを任され、3年生の夏の県大会では一人で全試合を投げ切り、春夏を通じて高校初めての甲子園出場に大きく貢献した。
プロを志願していたものの、指名されなかったために、日本生命に入社し硬式野球部に所属。3年目には先発も任され、変化球と内角攻めを磨いた。
2013年に横浜DeNAベイスターズからドラフト1位指名され、念願のプロの道に進むこととなった。

強肩の埼玉西武ライオンズ藤澤亨明選手

藤沢選手は、上田西高等学校に進学。主に外野手を務めた。3年生の夏には長野県大会のベスト4まで駒を進めたが、甲子園出場を果たすことはできなかった。
松本大学に進学後、捕手に転向。1年生の春から正捕手としてチームを支える役割を果たした。4年生の秋に行われたに関甲新学生野球連盟の2部リーグで優勝。チーム史上初となる1部昇格に大きく貢献した。
2011年には埼玉西武ライオンズから育成1位指名され、松本大学初のドラフト指名選手となり、埼玉西武ライオンズでも初の育成ドラフト指名選手となった。

俊足が自慢の横浜DeNAベイスターズ百瀬大騎選手

百瀬選手は、小学校4年生の時に蟻西ファイターズに入団をして野球を始めた。その時のポジションは投手や遊撃手だった。中学校でも軟式野球部に所属し、その時は捕手をしている。
松本第一高等学校に進学して、2年生夏にベンチ入りを果たし、秋には遊撃手としてレギュラーを獲得した。俊足を活かしてのランニングホームランを高校通算で4本記録している。
2014年に横浜DeNAベイスターズからドラフト6位指名を受けてプロ野球選手になった。一軍での出場はないものの、二軍ではコンスタントに出場しており、今後が楽しみの選手だ。

まとめ

長野県出身の選手を紹介してきたが、いかがだっただろうか? 高校までを長野県で過ごした選手や大学も長野県で過ごした選手、それぞれが野球を楽しみプロ野球選手になる夢を叶えている。 テレビで見かけたら応援してあげて欲しい。

おすすめの記事