「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【セ・リーグ】2017年シーズンにブレイクした選手は誰だ!?

2017 10/13 10:05cut
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

首位打者争いに加わった!宮﨑敏郎選手

上位争いを演じる横浜DeNAベイスターズ。筒香嘉智選手、ロペス選手とともに中軸を担っているのが、宮﨑敏郎選手だ。宮﨑選手は開幕2カード目からスタメン5番で起用されたものの、故障により4月半ばから2週間の離脱。復帰後から安打を量産し、規定打席に到達した際には首位打者に躍り出た。

その後も、好不調の波はありながらも打率3割以上をマークし終盤までマギー選手(巨人)、安部友裕選手(広島)らと首位打者を争っている。

宮﨑選手は2012年ドラフト6位で社会人野球のセガサミーからDeNAへ入団。2016年シーズンも101試合に出場するなどブレイクの兆しは見せていたが、2017年シーズンに花開いた格好だ。入団こそ遅いものの宮﨑選手は「1988年生まれ世代」でもある。
メジャーリーグで活躍する田中将大選手(ヤンキース)、前田健太選手(ドジャース)らと同じ世代なのだ。日本でも坂本勇人選手(巨人)、柳田悠岐選手(ソフトバンク)、秋山翔吾選手(西武)といった一流選手が多く揃っている。宮崎選手も今シーズン、タイトルホルダーとなり「1988年生まれ世代」の中心に加わりたい。

若き虎の4番候補!中谷将大選手

開幕から上位争いを繰り広げる阪神タイガース。チームは2年目となる金本知憲監督が、若手を積極起用する方針もありニュースターが続々と登場している。その中で2017年シーズンにもっともブレイクしたと言える野手が中谷将大選手だ。

中谷選手は開幕一軍を手にするも、4月は代打での起用が多くスタメンでの出場はわずか7試合だった。しかし、5月に入り5本塁打をはなつなど打撃成績を上げると徐々にスタメンでの起用が増える。5月28日には自身初となる4番も経験。打率.246(366打数90安打)と確実性は低いものの、チームトップの19本塁打を放つ活躍を見せた。

中谷選手は2010年ドラフト3位で福岡工業大学城東高校から阪神へ入団。2016年シーズンにキャリアハイとなる64試合に出場し打率.266(154打数41安打)、4本塁打の成績を残した。それから1年で更なる成長を見せ大ブレイク。ベテランである福留孝介選手、糸井嘉男選手らとともに外野の一角を担っている。

2018年シーズンは「若き虎の主砲」として開幕4番を目指したい。

※成績は9月10日終了時点

おすすめの記事