「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい野手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の注目選手はこちら

氏名:齊藤大輝(さいとう・だいき)
所属:横浜高校(神奈川県)
学年;2年
経歴:戸塚リトルシニア
投打:右投右打
ポジション:内野手(二塁手)

氏名:山田健太(やまだ・けんた)
所属:大阪桐蔭高校(大阪府)
学年;2年
経歴:東海ボーイズ
投打:右投右打
ポジション:内野手(三塁手)

氏名:野村佑希(のむら・ゆうき)
所属:花咲徳栄高校(埼玉県)
学年;2年
経歴:太田市シニア
投打:右投右打
ポジション:外野手

強豪・横浜高校で1年時からベンチ入りを果たした齊藤大輝選手。昨夏の甲子園では1年生ながら唯一、試合に出場を果たした期待のホープでもある。今夏は3番・二塁として甲子園に戻ってきたが、4打数ノーヒット(2三振)と本領を発揮できなかった。
178センチ・72キロと線は細いが、長打を放てるパワーはあり二塁手としての守備もうまい。パワーがつくと長打が増え、アベレージヒッターとしておもしろい存在となりそうだ。

大阪桐蔭高校の山田健太選手は今春のセンバツで打率.571(21打数12安打)、1本塁打、8打点の成績を残し、一躍全国区となった三塁手だ。
1年秋からレギュラーを獲得している身長183センチの大型三塁手の山田選手。長距離砲候補として育てられており、フルスイングで打球をはじき返す。右打ちの内野手で長距離砲候補はどの球団も欲しいだろう。プロ志望届を出せば、来年のドラフトで指名されることになりそうだ。

今夏の甲子園覇者である花咲徳栄高校。その4番に座ったのが2年生の野村佑希選手だ。ドラフト候補の3番・西川愛也選手の後ろを打ちチームトップの打率.520(25打数13安打)、2本塁打を記録した。身長185センチ・87キロと体格もありパワーが絶賛されている。新チームでは投手としてマウンドに上がり、また、外野も守るなど選手としての幅も広がりそうだ。

おすすめの記事