「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年高校野球界で注目したい野手たち

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

俊足巧打の遊撃手!小園海斗選手

氏名:小園海斗(こぞの・かいと)
所属:報徳学園高校(兵庫県)
学年;2年
経歴:枚方ボーイズ
投打:右投左打
ポジション:内野手(遊撃手)

大阪府の名門ボーイズチームである枚方ボーイズ出身の小園海斗選手。U-15日本代表にも選ばれており、野村大樹選手らとともにプレーしていた。報徳学園高校に入学後は1年夏から遊撃手のレギュラーを獲得。夏の甲子園に出場はならなかったものの、秋季大会では打率.375(48打数18安打)をマークし、春のセンバツ出場を勝ち取った。

2年生となった今春のセンバツでは、打率.500(18打数9安打)、1本塁打、5打点の成績でリードオフマンとしてチームを牽引しベスト4の原動力となった。
夏の甲子園には出場できなかったものの、U-18野球ワールドカップ日本代表メンバーに選ばれ、遊撃手として5試合に出場すると、世界の舞台でも打率.500(20打数10安打)と実力を発揮した。

50メートル6秒を切る俊足が持ち味のアベレージヒッターであり、遊撃手としての守備も固く走攻守に優れている。早くからプロ注目と話題になっており、来年のドラフト候補の一人だ。ドラフトまでの1年間で更なる成長に期待が掛かる。

圧倒的な存在感!万波中世選手

氏名:万波中世(まんなみ・ちゅうせい)
所属:横浜高校(神奈川県)
学年;2年
経歴:東練馬シニア
投打:右投右打
ポジション:外野手

コンゴ人の父と日本人の母を持つ万波中世選手。190センチという身長もあり、入学時から注目を浴びていた逸材だ。昨夏の甲子園では神奈川県予選で横浜スタジアムのバックスクリーン直撃の本塁打を放ち、一躍全校区になった。
本大会でも1年生ながら背番号「13」をつけベンチ入りを果たした。出場機会は訪れなかったものの、貴重な財産となったはずだ。

2年生になると外野のレギュラーとして活躍する。また、投手としてマウンドに立つこともあり「二刀流」の存在となった。今夏の神奈川県予選では2試合に登板し3回を投げ防御率0.00。
しかし、打撃では打率.179(28打数5安打)、1本塁打、8打点と結果を残すことはできなかった。秀岳館高校と対戦した甲子園本戦では1安打を放ったものの、投手としては0.2回を投げ2失点。悔しい結果となった。

今後、どのように起用されるかは平田徹監督の方針によるものが大きいが、体格を生かしたパワーを見せて欲しいものだ。当てる打撃ではなくフルスイングが特徴的な万波選手に期待したい。

おすすめの記事