「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~高校生投手編~

2017 10/13 10:05cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の指名候補選手はこちら

氏名:菊地大稀(きくち・たいき)
所属:佐渡高校(新潟県)
経歴:真野中学
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:山上信吾(やまかみ・しんご)
所属:常磐高校(群馬県)
経歴:綿打中学
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:北浦竜次(きたうら・りゅうじ)
所属:白鴎大学足利高校(栃木県)
経歴:大田原ボーイズ
投打:左投左打
ポジション:投手

新潟県佐渡島出身の菊地大稀選手。同島出身のプロ野球でいまだ一人も誕生しておらず、史上初の期待がかかっている。185センチと長身から投げ込むストレートは最速145キロ。甲子園出場こそないが新潟県大会1回戦からプロのスカウトが多数訪れるほどの逸材だ。チームでは4番も任されており打撃にも自信はある。将来性を買われての下位指名があるかもしれない。

甲子園出場こそないもののプロ注目投手として話題となっているのが、常磐高校の山上信吾選手だ。身長183センチと長身から投げおろすストレートは角度がある。最速は146キロを誇り腕の振りもよく、素材候補としての指名がありそうだ。

白鴎大学足利高校において1年時からベンチ入りを果たしていた北浦竜次選手。投手、野手の二刀流でチームを引っ張っていた。甲子園への出場はないが、今春の県大会では栃木県大会優勝を果たし、関東大会にも出場。
2回戦敗退となったが、投打に渡る活躍を見せプロからの注目を集めていた。184センチの長身から放たれるストレートは最速147キロ。プロで鍛えれば150キロ超えも夢ではない素材候補と言えそうだ。

おすすめの記事