「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代前半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 10/13 10:05cut
野球ボール,グローブ,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

1982年:中日が下位指名で彦野選手、宮下選手を獲得

「甲子園のアイドル」こと荒木大輔選手が目玉となった1982年のドラフト会議。荒木選手は読売ジャイアンツ、ヤクルトスワローズの2球団が競合。抽選で当たりくじを引いたのはヤクルトだった。
荒木選手を抽選で外した巨人はハズレ1位で斎藤雅樹選手を指名。「平成の大エース」と呼ばれるほどの活躍を果たし、結果的にプロでの成績は斎藤選手に軍配が上がっている。
その他には阪神タイガースの正捕手を長らく務めた木戸克彦選手が、1位で指名されている。

この年の下位指名で光るのは中日ドラゴンズだ。このドラフトで後の中心選手となる5位指名で彦野利勝選手、6位で宮下昌己選手を獲得した。
彦野選手はベストナイン1回、ゴールデングラブ賞3回を獲得するなど、外野のレギュラーとして活躍。1989年には26本塁打を放つなどパンチ力も魅せた。また、本塁打を放ったあとに故障を発症し代走を出されるという珍しい記録も持っている。本塁打の後に代走を出されたのはプロ野球史上2例目だった。

また6位の宮下選手は中継ぎとして活躍したが、もっとも記憶に残っているのはクロマティ選手(巨人)との乱闘事件だろう。宮下選手に背中へ死球を当てられたクロマティ選手が激怒。宮下選手はマウンド上で殴打されることとなったのだ。後に両者は和解しているが、当時の扱いは大きくスポーツ紙の一面を大きく飾っている。

1983年:最年長記録を多数打ち立てた山本昌広選手が入団!

東海大学のエース高野光選手、創価高校の小野和義選手に注目が集まった1983年ドラフト会議。高野選手には4球団、小野選手には3球団が入札。抽選の結果、高野選手がヤクルトスワローズ、小野選手が近鉄バファローズへの入団となった。その高野選手は翌1984年の開幕投手を務めている。新人選手が開幕投手となるのはドラフト制となって以降初の快挙だった。
また西武の上位指名は渡辺久信選手(1位)、辻発彦選手(2位)と黄金時代の中心メンバーだ。両選手は現役引退後に監督も務めており、大当たりのドラフトと言えるだろう。また、その他のチームを見ると水野雄仁選手(巨人1位)、吉井理人選手(近鉄2位)、小早川毅彦選手(広島2位)らが名を連ねている。

下位指名では息の長い活躍を見せた山本昌広選手(中日5位)、スローカーブを武器に176勝をマークした星野伸之選手(阪急5位)らがいる。山本選手はプロ野球タイ記録となる実働29年を誇り2015年に現役を引退(2016年にオープン戦で1試合だけ選手契約を結んでいる)。数々の最年長記録を築き上げた。

おすすめの記事