「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元祖二刀流でもある関根潤三選手【球史に名を残した偉人達 】

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役引退後は2チームで監督を

関根選手は1965年に現役を引退、その後現場から離れていたが1970年に広島東洋カープの一軍打撃コーチに就任。これは根本監督の要請でもあった。関根コーチは後の赤ヘル軍団を形成する山本浩二選手、衣笠祥雄選手、水谷実雄選手らを指導。これで、高校(旧制中学)、大学、現役、指導者として根本氏と同じチームで戦ったことになる。

1975年、1976年の2年間は長嶋茂雄監督の下でヘッドコーチ、二軍監督を歴任。その後、1981年までユニフォームを着ていなかったが1982年に大洋ホエールズの監督に就任。3年間にわたり監督を務めるが、1度も勝ち越すことはできなかった。1983年の3位(61勝61敗8分)が最高成績となっている。

1987年からはヤクルトスワローズの監督に就任。大洋時代と同様に3年間の期間で勝ち越しは一度もなく3年連続Bクラスで監督から退いた。

大洋、ヤクルトの監督時代に優勝争いをすることはできなかったが、若手を起用するなど育成面に重きを置いた采配を行っていた。これは「アマチュア時代、近鉄時代の恩師でもある藤田監督に通じていた」と後に関根監督は語っている。

その後はユニフォームを着ることなく、解説などで活躍中だ。

1927年生まれと高齢ではあるが、深夜のプロ野球番組に出演することもあり、元気な姿をみせている。元祖二刀流関根順三、いつまでも野球界を見守っていてほしいものである。

おすすめの記事