「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なぜ王選手の塁打数が意外にも伸びてないのか?塁打にまつわるアレコレ

2017 8/25 10:07cut
野球、バッター、スウィング
このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン最多記録は小鶴選手

1シーズンでの最多塁打記録は半世紀以上も破られていない。その記録は、1950年に小鶴誠選手(松竹※現在は消滅球団)が達成した376塁打だ。この年の小鶴選手は打率.355(516打数183安打)、51本塁打、161打点で最多本塁打、最多打点のタイトルを獲得。MVPも受賞し松竹の優勝に大きく貢献した。また、161打点も日本記録となっている。

小鶴選手の183安打を細分化すると単打:98本、二塁打:28本、三塁打:6本、本塁打:51本となり合計376塁打となっている。小鶴選手は130試合で達成していることも驚きだ。

2位は小鶴選手の前年(1949年)に「ミスタータイガース」こと藤村富美男選手(阪神)が達成した366塁打。藤村選手はわずか1年のみの記録となってしまった。近年ではタフィ・ローズ選手が2001年に364塁打、松井稼頭央選手が2002年に359塁打を達成している。

2013年に日本記録の60本塁打を達成したバレンティン選手(ヤクルト)は、342塁打で歴代13位タイ。本塁打が多いだけでは、塁打数が伸びないということがわかる結果になっている。王選手は1964年の340塁打がキャリア最多となっており、歴代18位だ。シーズン記録で王選手は意外にもトップ10に入っていない。

【シーズン最多記録】
1:(376/1950年)小鶴誠選手(松竹)
2:(366/1949年)藤村富美男選手(阪神)
3:(364/2001年)タフィー・ローズ選手(近鉄)
4:(359/2002年)松井稼頭央選手(西武)
5:(357/1985年)ランディー・バース選手(阪神)
6:(355/1950年)藤村富美男選手(阪神)
7:(352/1986年)ランディー・バース選手(阪神)
8:(351/1985年)落合博満選手(ロッテ)
9:(349/2013年)アレックス・ラミレス選手(ヤクルト)
10:(347/2010年)アレックス・ラミレス選手(巨人)

意外にも伸びない王貞治選手

塁打は本塁打が多いと数字は伸びやすい。従って、868本塁打を放っている王選手は歴代でも5862塁打を記録しておりそれを証明している。しかし、四球が多いと塁打数としての数字が伸びにくくなるため、王選手の1シーズンあたりの数字を見ると意外に伸びていない。
四球が多いと安打数は減るために塁打数の数字は伸びにくくなるのだ。2013年のバレンティン選手も同様だ。103個の四球(9敬遠)があるために機会を損失してしまっている。
王選手は四球が多い中で安定して高い数字を毎年残していたからこそ、歴代トップの記録を保持していると言えるだろう。
小鶴選手の376塁打を更新するためには本塁打が多いのはもちろん、二塁打、三塁打を量産できる脚力が必要となりそうだ。また、自身と勝負してもらえるために、他の選手の力量も重要となってくる。
今後、60年以上も不滅の記録を更新する選手は現れるだろうか。

おすすめの記事