「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代記録は更新不可能!?奪三振にまるわるアレコレ

2017 8/25 10:07cut
野球、ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

オールスターゲームの9者連続奪三振

シーズン「最多奪三振記録」を持っている江夏選手はオールスターゲームにおいても大記録を作っている。1971年、プロ入り5年目の江夏選手はすでに4年連続最多奪三振(当時表彰は無し)を記録。球界を代表するエースとして君臨していた。その江夏選手がオールスターで快挙を成し遂げた。

ファン投票で選出された江夏選手は迎えた第1戦でセリーグの先発投手としてマウンドに登る。初回パリーグは有藤通世選手(ロッテ)、基満男選手(西鉄)、長池徳二選手(阪急)と3者連続空振り三振と絶好の立ち上がりを見せた。

2回裏は江藤慎一選手(ロッテ)、土井正博選手(近鉄)、東田正義選手(西鉄)から1回同様に3者連続三振を奪う。東田選手からは、この日初めての見逃し三振となっている。

続く3回もマウンドに登った江夏選手は阪本敬三選手(阪急)、岡村浩二選手(阪急)、加藤秀司選手(阪急)からも3者連続三振。加藤選手の3球目では一塁側にファールが打ち上がったが、江夏選手は捕手に「追うな!」と叫び追わせなかった。その直後の球で空振りを奪い「9者連続三振」が記録された。

また、2回表に江夏選手は第1打席で3点本塁打を放つなど投打に渡り大活躍。MVPを獲得している。

1試合最多奪三振は19個!

プロ野球において「1試合最多奪三振記録」は1995年に野田浩司選手(オリックス)が達成した19奪三振だ。野田選手は1987年ドラフト1位で阪神へ入団。1992年オフにオリックスへトレードで移籍し、才能が開花した。阪神時代は投球回数以上の三振を奪ったことはなかった野田選手。決して三振を多く奪う投手ではなく1991年の143奪三振(212.2回)がキャリアハイだった。

しかし、オリックスに移籍した1年目は225回を投げ209奪三振。17勝(5敗)をマークし自身初のタイトルとなる最多勝を獲得している。1994年(213奪三振)、1995年(208奪三振)と3年連続で200奪三振を記録するなど球界を代表する投手へと成長。その野田選手は1995年4月21日のロッテ戦において1試合19奪三振のプロ野球記録を達成する。この記録は20年以上が経過した2016年終了時点でも更新されていない。

野田選手の武器は大きく落ちるフォークボールだ。当時、ヤクルトのを率いていた野村克也監督は「お化けフォーク」と称していた。晩年はヒジの故障もあり活躍できなかった野田選手だが、1試合19奪三振の記録は光り輝いている。

おすすめの記事